ファンド詳細

最先端のがん検診・再生医療クリニック 開業支援ファンド #1

最先端のがん検診・再生医療クリニック 開業支援ファンド #1
スキーム概要
貸付先の概要
グローバルスキャニングクリニックの展開及び成長機会

134,540,000円/120,000,000円

満額成立
予定利回り
8%
予定運用期間
12ヶ月
募集予定金額
120,000,000円
出資単位
1口10,000円
募集方法
先着募集

ファンド概要

募集額

120,000,000円

最低成立金額

100,000,000円

1口金額

10,000円

最低投資口数

1口

最低投資金額

10,000円

予定運用期間

12ヶ月

募集開始日

2023/10/30 19時開始

募集終了日

2023/11/01 24時締切

運用開始予定日

2023/11/17

運用終了予定日

2024/11/15

利益配当方法

毎四半期

予定利回り

8%(年利・税引き前)


元本償還方法

満期一括償還

貸付条件

貸付先

MAMO株式会社

貸付元本

120,000,000円

貸付期間

12ヶ月

返済予定日

2024/11/15

利払方法

毎四半期

利率

8%(年利・税引き前)

元本返済方法

満期一括

担保・保証

貸付先が保有する不動産・金銭債権・動産等に対して担保を設定

ファンドの詳細情報

スキーム概要

お客様は、弊社 アバンダンティアキャピタル株式会社 が運営する貸付型クラウドファンディングサービス CAPIMA を通じてファンドに投資します。ファンドの営業者は弊社100%子会社の貸金業者である アバンダンティアファンディング株式会社 で、お客様が投資した資金を貸付先である MAMO株式会社 に対して「設備資金」及び「運転資金」を資金使途として貸付を行います。

当該貸付については、貸付先及び関係者が保有する動産・不動産・金銭債権等に対して担保を設定することにより保全します。

貸付の弁済については、金融機関による借換え、または自己資金にて行い、それにより本ファンドに投資したお客様への利益の分配を行います。なお、弁済が当初予定されていた期日よりも前に繰り上げて行われる場合には、本ファンドに投資したお客様への利益の分配も繰り上げて実施されます。

本ファンドの募集終了日は2023年11月15日を予定しておりますが、申込金額が募集金額である1億2,000万円を超えた時点で募集を締め切り、当選を確定致します。

スキーム概要

貸付先の概要

コーポレートサイト:http://mamo1.com/
Global Scanning Clinic 二子玉川:http://gsc.inc/

貸付先であるMAMO株式会社(代表取締役社長:松本 武夫、以下「貸付先」)は、医療施設の設営、高度医療機器や医療システムの提供、医療従事者支援などを行うメディカル・サービス(MS)法人です。
MS法人とは、医療関係のサービスを行う営利法人のことで、一般的には、業務が限定されている医療法人の経営の効率化を支えるため、 医療法人では行うことができない病院運営にかかわる事業を行うことを目的に設立された会社です。

貸付先は、大手医療機器メーカーと連携し、MRIやCTなどの高度医療機器と合わせてクラウド型AI画像診断サービスの提供や付帯する病理診断を行うことを目的に設立されましたが、画像撮影・診断専門のクリニックブランドとして Global Scanning Clinic(以下、「グローバルスキャニングクリニック」または「GSC」)施設の設営・管理を主力事業とする展開を目指しています。

グローバルスキャニングクリニックの施設、附帯するMRIやCTなどの高度医療機器、クラウド型AI画像診断などを含むシステム全体を貸付先が管理し、各クリニックが使用する仕組みをとっています。

※参考サイト:
東京大学医学部附属病院予防医学センター「CT検査とMRI検査の違いってなに??

貸付先の概要

グローバルスキャニングクリニックの展開及び成長機会

2022年1月に、グローバルスキャニングクリニックのモデル医院として、東急各線 二子玉川駅徒歩3分 、玉川高島屋S・C南館裏という好立地に、 Global Scanning Clinic 二子玉川(以下「GSC二子玉川」)が開院されました。GSC二子玉川におけるマーケティング、読影、撮影技術などについては、下記提携先の協力を得て貸付先が全面的に支援しています。
 ・世田谷区の診療所など約40の医療機関
 ・国立がん研究センター
 ・キヤノンメディカルシステム
 ・一般社団法人放射線医療技術・国際連携協会
 ・エルピクセル社( 最先端のAI画像診断ソフトを開発する東京大学発スタートアップ)
なお、GSC二子玉川は、後述する再生医療(エクソソーム治療)の診療も受けられるように改装等を行っており、現状は限定的に運営されています。

また2024年2月頃には、東京メトロ各線、都営新宿線「新宿三丁目」駅直結 という東京でも屈指の好立地に、Global Scanning Clinic 新宿(以下「GSC新宿」)が開院される予定です。GSC新宿では、東京医科大学病院をはじめとした大学病院や国公立のがん基幹病院、近隣の医療機関と提携予定であるだけでなく、以下のような高度医療機器を取り揃え、撮影した画像をスマホで簡単に閲覧することができるようにするなど、高精度かつ待ち時間の少ないがん検診を実現します。
 ・MRI:Vantage Elan MRT-2020 1.5T x 3台
 ・CT:Lightning Helios TSX-036A x 1台

さらに、国立がん研究センター東病院などがある千葉県 柏の葉エリアに、Global Scanning Clinic 柏の葉(以下「GSC柏の葉」)を2024年中に開院予定です。GSC柏の葉では、国立がん研究センターの協力を得て、フォローアップ患者が増加傾向にあり、MRI・CT患者の(約40日間とも言われている)長期化する撮影待機日数を、大幅に改善させることを目指します。
また、GSC柏の葉内に画像・病理診断(読影)センターを設立することで、AI診断で補助を得ながら専門医による高い画像診断水準の維持を目指します。この読影センターができることにより、遠隔地などで撮影されたデータも瞬時に高度な画像診断が可能となり、全国の方にがんの早期発見の機会を提供することが可能となります。

※参考サイト:
国立がん研究センターについて https://www.ncc.go.jp/jp/index.html

また大阪エリアにおいては、売上1000億円を超える地場の大手企業と提携することも決まっており、全国主要都市に順次GSC医院が展開していく予定です。将来的には、貸付先が提携する財閥系企業の本社が所在する台北など、アジア主要都市における展開も視野に入れています。

グローバルスキャニングクリニックの展開及び成長機会

再生医療(エクソソーム治療)について

グローバルスキャニングクリニックでは、再生医療(エクソソーム治療)による診療も行う予定です。これまで日本では、MRI・CTによる画像撮影診断と再生医療を同じ場所で提供する医療施設が殆ど存在しませんでした。グローバルスキャニングクリニックでは、利便性の良い立地にて画像撮影・診断によるがん検診と再生医療の診療を同じ場所で受けることができるため、滞在時間が限られる海外からの富裕層顧客を対象としたインバウンドの医療ツーリズムなどにも非常に相性が良いことが予想され、高水準な日本の医療サービスを発信する拠点として期待されています。


エクソソームとは

エクソソームは細胞外小胞の一種であり、細胞から分泌される直径50〜150ナノメートルの顆粒状の物質のことです。表面には細胞膜由来の脂質やタンパク質が含まれており、内部にはマイクロRNAをはじめ、メッセンジャーRNAやDNA、タンパク質などが含まれています。
エクソソームは細胞間のみならず、血液や髄液、尿などと入った体液にも存在しており、身体中を循環することで、細胞間の情報伝達の役割を持っていると考えられています。そのため、エクソソームは体液中のがん細胞や、その由来成分によるがんの診断マーカーとして活用できるのではないかと注目されているのです。

参考サイト:
地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所「エクソソームは細胞からのメッセージ!?


再生医療(エクソソーム治療)

エクソソーム治療は、その名の通り細胞間の情報伝達の役割を持つエクソソームを血管内に点滴投与する治療方法のことです。エクソソーム治療により、全身の機能回復・アンチエイジング・認知症予防・疲労回復などの効果が得られると考えられています。他にも新型コロナウィルス感染症の後遺症改善にも効果が期待されているなど、様々な効果を得ることができるとされており、注目が集まっています。
しかし、治療費が高価であること、品質管理にばらつきがあることなどの課題が残っています。GSCでは、貸付先が有する国立がん研究センターなど最先端の設備・施設を有する医療機関や大手企業、官公庁とのネットワークを活かすことで、安全性を確保しながら価格を抑えた再生治療が受けられるような社会の実現を標榜しています。

参考サイト:
ファミリアクリニック「エクソソーム点滴療法(細胞再生医療)EXOSOME
にしたんクリニック「細胞再生医療エクソソーム点滴療法

再生医療(エクソソーム治療)について

担保設定について

本ファンドの投資対象となる貸付については、貸付先が保有する動産・不動産・金銭債権等の資産(以下、「各資産」)に対して担保を設定する事により保全します。各資産の合計評価額が、常に貸付額を下回らないように担保設定を行います。各資産の主な詳細は下記のとおりです。

① 動産
 ・GSC二子玉川内の設備等動産一式
   -MRI  市場価格:約5,000万円
   -CT   市場価格:約4,000万円
 ・GSC新宿内の設備等動産一式
   -MRI  市場価格:約1億5,000万円
   -CT   市場価格:約4,000万円
※ GSC新宿内の設備については取得時に担保設定。市場価格は実際の売却処分価格とは異なることがあるため、また資産の特殊性からも動産については下記担保金額の算出には含めておりません。

② 不動産
 ・GSC柏の葉
   所在地:  千葉県柏市十余二
   構造:   鉄骨造
   築年月:  1999年7月
   建物面積: 298.70㎡(既存)
※ 建物に第一抵当権の設定。既存の建物を改修し増設予定。
異なる前提で不動産鑑定士による評価額を取得。それぞれの2023年10月時点における評価額は以下の通り。
① 9,660万円(増築をせず一般的な店舗としての改修を前提とする評価)
② 4億7,300万円(増築を行いクリニックとしての特殊工事を実施する事を考慮した評価)
本件ファンドの審査にあたっては①の価格を採用。

③ 金銭債権
 ・GSC二子玉川 に対する売掛債権
 ・GSC新宿に対する売掛債権
※ それぞれを運営する医療法人に対するもの(GSC新宿は開業予定のため将来債権のみ)。
2023年10月時点での評価額 4,290万円

よって、①〜③の合計担保金額は保守的に 1億3,950万円です。本ファンドの募集予定金額1億2,000万円は、担保金額の86.0%となります。

担保設定について

特別優待について

本ファンドで一定金額以上の投資が確定された方には、下記特別優待をお送りさせて頂きます。
各種がん検診 については、 CT・MRIスキャンとがん専門医による診断 をGSCにおいて受けることができます(事前予約を要するなど一定の制約あり)。
ドクターズコスメ は、医師が監修する化粧品でありGSCにおいて販売予定のものです。内容詳細については投資確定後ご希望する方にお伝えする予定です。
再生医療(エクソソーム治療) は、GSCまたは提携クリニックにおいて受診いただける予定です。
さらに、1,000万円(1,000口)以上投資確定の方には、非常に貴重なVIPプログラム (後述)が付与されます。本ファンド以外では得ることができないプレミアムな限定特典となりますので、ぜひこの機会をご活用ください。
いずれも2024年2月以降に送付または贈呈予定です。

各種がん検診 メニュー
・CT検査 肺(呼吸器)検診          2万円相当
・MRI検査 脳ドック            3万円相当
・MRI検査 乳がん検診           3万円相当
・MRI検査 女性がん検診(子宮・卵巣など) 5万円相当
・MRI検査 腹部がん検診          5万円相当

※ 各特別優待につきましては (A) または (B) をお選びください。

特別優待について

134,540,000円/120,000,000円

満額成立
予定利回り
8%
予定運用期間
12ヶ月
募集予定金額
120,000,000円
出資単位
1口10,000円
募集方法
先着募集

当ファンドの募集は締切ました